電磁波過敏症(或いは、科学物質過敏症、慢性疲労症候群)の領域的見方

このことについて、前述しました北里大学の宮田幹夫名誉教授の講演で、次のように説明されています。

電磁波過敏症の領域

①電磁波鈍感症(健常者) ②電磁波感受性 ③電磁波過敏症 ④電磁波恐怖症 ⑤妄想

男性と女性では、女性の方のほうが不安、恐怖が強く出る傾向があります。過敏症は女性の方が多いです。自己防衛本能が女性のほうが高いですから。男性は女性を守るために感受性を悪くしてあるようです。

5Gに関するニュース

昨年(2018年)オランダのハーグで5Gの実験が行われたようです。(非公開実験)

オランダ鉄道は将来的な運用を目指し、その通信エリアの確認および駅ナカや周辺にある機器に影響が出るかどうかをチェックする実験だったという。実験の同時刻、近隣のハイゲンスパルク地区にある公園で不可解な現象が起こった。木の枝に止まっていたムクドリが次々に墜落し始めたのだ。驚いたことに落ちてきたムクドリは、すべて息絶えていたという。

その数、合計297羽。

これが世界初というわけではない。昨年、同じくオランダのフローニンゲンで実施された時も畜牛に異変が起きており、スイスの渓谷では、のんびりと草を食んでいた牛たちが、突如としてバタバタと倒れていったことが報告されている。

そして、恐ろしいことに、ノルウェー、スウェーデン、オーストラリア、アメリカでも同様の事態が勃発しているという。(和草堂健康ニュースより引用)

以上、現時点で皆さんにお伝えしておきたい内容をまとめてみました。

光明が射し、希望がもてることは確かです。

LOAで電磁波過敏症を和らげる、或いは解消できますが、その過敏症の方の状況(過敏の程度、他の病気の影響、患っている年数、生活環境の違いなど)によっては、断定的対処(これで良し)でなく、環響エネルギーを加算していくことで良くなる(より改善する)ことも分かっています。

見えない原因に対しては、見えないもので対応するしかありません。少しでも生き易く、将来への希望を持てるようになっていただくことが私たちの願いです。

リスクを知り、備える。~物事には必ず2面性がある。いいこと、よくないことは表裏一体~

電磁波過敏症と化学物質過敏症

化学物質過敏症の人の約8割が電磁波過敏症を併発していると言われています。そして、慢性疲労症候群になっている人の約8割の人の生活や仕事環境の共通した特徴として、携帯電話やパソコンなどのIT機器を毎日使用していることが挙げられます。

 

今世紀最大かつ最後(期?)の公害(環境問題)といわれているのが『電磁波汚染』です。

色も臭いも味もしないため、健康障害に気付くのが遅くなります。私たちの周りにいらっしゃる電磁波過敏症の人はとても貴重な存在と言えます。この方々の訴え(警告)を受け入れ、大事にすることがとても大切です。

 

絶滅危惧種の人類(自然に学ぶ勉強会のNo.5参照)は、もはや滅亡の淵に立っていると言っても過言ではありません。なぜか?その理由の一旦をご紹介しますと、

  • 電磁波の影響を強く受け、生命を繋ぐ器官である睾丸の精子の減少、劣化、損傷(男性不妊)が顕著になっている。☛不妊→少子化→人口減
  • 有精卵の近くに携帯電話を置いて、スイッチの入、切を繰り返したら孵化しなかった。
  • 母親が携帯電話を使用していると、生まれてくる子どもに発達障害が2倍多いとの報告がある。☛DNAの切断や異形化・・・次世代への影響は!?
  • 子どもの頭蓋骨は薄く、電磁波が脳幹までも達する。
  • スイスの電車の運転手は駅務員に比べて、認知症が非常に多いということが判った。運転手はモーターの上に乗っているようなもの。☛PHVやEVも同じことが言えるのでは!?(北里大学の宮田幹夫名誉教授の講演より)

携帯電話の変遷(G=Generation/〇〇世代移動通信規格)

 呼称  年代   方式・通信速度 速度(bps  俗  称
1G 1980~ アナログ方式 10k ガラケー(FOMA)
2G 1993~ デジタル方式 100k ガラケー(mova)
3G 2001~ 約14Mbpsの通信速度 14,000k スマホ
4G(LTE) 2010~ 50M~1Gbpsの通信速度 50M~1G スマホ
5G 2020 10bps~の通信速度 1020bps ギガホ???

 

★ポーランドの首相は5G導入に反対を表明しています。一方、日本は官民挙げて5Gの導入を叫び、地方自治体は一刻も早く実現するように政府へ働きかけています。

一体、日本というこの国はどうなっているのでしょうか?経済のためなら、仕事や生活の利便性のためなら市民、県民、国民が居なくなっても(滅亡しても)いいと考えているのでしょうか。

問題、課題をそれぞれが認識し、考えてほしいですね。一刻も早く!

世の中の流れの中心は疫学(疫学調査という学問)

☆叡智

「叡智」の意味は、深遠な道理をさとりうる優れた才知・・・自然の叡智、神の叡智、自然に学び、先人に学ぶとは正にこの「叡智」を学ぶことにあります。

☆英知

「英知」の意味は、物事の理をさとり、適切に処理する能力・・・英知に優れた人、現代科学を支え、発展させてきた人のすぐれた知識や知恵であり、それを活用した能力。

 

環境汚染と健康問題などの本質的原因を調べ、考え、理解し、納得できるアプローチ(疫学)を更に発展させるには、私たちの叡智を結集することがとても大事なことです。

あるデータを一面(一つの結果)からだけ観るのでなく、俯瞰して多面的に観ながら本質(真の原因や方向性)を洞察していくことが欠かせません。いくら多くのデータ(数値や変化)を求め集めてみても本質が読み取れなければただの数値であり紙切れです。

 

例えば、発達障害児増加の原因がどこにあるのか類推するときに、全く異なるデータ(数値や推移)を重ね合わせてみると、物事の本質が浮かび上がることがあります。その一つの例が、「発達障害児数の推移」と「電子・通信機器の普及推移」です。

障害の原因には人工化学物質の多用や、遺伝子、人間社会のストレスなど、複合的要素が複雑に絡み合っていることは否めませんが、『電磁波』の影響(原因説)はどうみても、グレーでなくクロでしょう。『電磁波』の影響が大きな原因の一つとして関わっていると考えることは道理です。(注:電磁波=人工電磁波)

 

人類の英知として発見、発明され発展してきた物質科学(化学)文明を否定するものではありませんが、今の状況(公害、環境破壊、病気)を観て考えられることは、これまでの科学は「片手落ちの科学」であったということです。半神半人と謂われる人間だからこそ、自然(神)の叡智を学び、活かした文明社会を描き実現できることを願う日々です。

自然と共生し、愛と調和と感謝に根ざした社会へ

人間や動物は糖を燃やして生きています。そしてこの糖を色々なものに循環させてエネルギーをつくっていますが、するとそこに排出物(マイナス)としての水素原子(2H)や一酸化炭素(CO)が出来てきます。私たちの体は、出来たこれらのものを除去するわけではなく、呼吸によって体に取り込まれた酸素(O2)の1個と水素原子(2H)が結びつき、水(H2O)となります。もう1個の酸素原子は一酸化炭素(CO)とくっついて、二酸化炭素(CO2)になります。

二酸化炭素は呼吸で外に出て植物の光合成に使われ、その光合成の働きにより酸素となって放出され、また体の中に入ってきます。一方、水は糞尿などの排泄物となって土に還り、植物の根から吸収され栄養源として葉を茂らせ、光合成の働きを助けます。

このように、自然界の循環にはマイナスをプラスに変えるしくみが秘められています。

植物の光合成という一連の働き・循環があってこその、地球上の多くの生命体と人間の生命活動なのです。自然界はこのような素晴らしい愛(叡智・法則)と調和(多様性のバランス)に満ち満ちているだけなのです。洞察を深めると、自然界にはマイナスもプラスもないことが解ります。(但し、残念なことに、その自然も人間の営みのために、この半世紀の間、劣化し疲弊し続けています)

環響エネルギー(LOA)は、光合成のしくみや働き・循環と同じように、すべてを生かす方向に働いてくれます。マイナスがあればプラスに、プラスは更にプラスへ。

私たちはLOAのこのような働きを目の当たりにして、信頼し期待できるからこそ、今の時代に欠かせない、そして懐かしい未来の姿・かたちを創れるものとして思い描けるのです。

身土不二(地産地消、地消地産)と 一物全体

日本は農(業)の国です。いや、工業国だ!と 言っても、工業の道を進み始めてまだ僅か100 年余りしか経って いません。それなのに、食料自給率は 40 %と先進国では最下位です。自由主義経済、貨幣経済の明るい展望はもう望めなくなってきているように感じます。

100%自家発電や蓄電などオフグリッド化、自然保護や来る時に備えて自衛的生活様式への転換も動き始めて いますが、先ずは、何をどのように「食べる」か、ではないでしょうか?日本の農家がすべて篤農家(消費者のことや環境のことを考え、農薬や化学肥料の逓減化)を目指し、安全・安心で美味しいものを日本国民に供給することで、自ずから輸入品が少なくなり自給率は高まり、食の安定化へと進み始めます。

そのためには、生産者と消費者が前述の「天と地の恵みと生命の誕生」を少しずつでも理解しながら、視点を変え、意識を変えていかなければ、これから先の時代を切り抜け ることは難しいと思われます。このような『農』や『食』の改革を進めて自立した農業国 家日本を築くキーワードは『身土不二 』言い換えますと、『地産地消』『地消地産』と『一物全体』です。特別な農産物(地形や気候、気温に左右されるもの)は別として、その土地で採れた作物はその地域で消費する。その地域で消費されるものはその地域で作る、そして、肉も魚も野菜も何でも丸ごと食べる。捨てるところなく戴く、利用し尽す、ということです。

地産地消、地消地産と言っても、世界の中の日本と捉える尺度と長野県内、或いは東信地域といったサイズの捉え方もあります。運ぶ距離や保存期間もできるだけ短く、天然自然の力を利用した保存の仕方なども工夫していくと熱エネルギー も最小限に抑えられます。環境やエネルギー (ECO) 問題の改善・解決も『食』や『農』のイノベーションが一大事(決め手) と考えられます。

天と地の恵みと生命の誕生

生命は地球の海で誕生しました。海水の塩は、地中から噴出したマグマが海に溶け出した地のエネルギーです。そこに太陽や天体からの天のエネルギーが降り注ぎ、天と地の両方のエネルギーが満ちたところに生命が誕生しました。海水がなければ生命は誕生しませんでした。その証に私たちの体の約60%は塩水の体液になっています。輸血の代用として使われるリンゲル液、生理食塩水の安全性はここからも解かります。

この天と地の両方のエネルギーをいっぱい受けているのが植物です。特に樹木は地中深  く根を張って、地からのエネルギーを樹体内に取り入れています。他にも必要な物質や栄  養素も必要に応じて調達し賄える(元素転換)能力を備えています。一方、葉を茂らせて、光のエネルギーをいっばい受け、葉っばが光合成によって酸素を生み出しています。光合成や窒素同化作用など自らエネルギー(ATP) を作り出し、必要なデンプンやアミノ酸の合成を成せる植物ゆえに、数百年~数千年と生きる能力を備えているのでしょう。独立栄蓑生物と謂われる所以はここにあります。

人間は地の中に足を入れていませんが、地のエネルギーの結晶であるお米や野菜を食べることで地のエネルギーを得ています。(他の動物を含めて、従属栄養生物と謂われます) 中でも、約半年間かけて田んぼで作られるお米は天のエネルギーと、地のエネルギーをいっばい受けて育った稲から生まれてきます。日本人はお米に対する想いが強く、昔から神様に(田の神様)祈って、大切に育ててきました。お米は日本人の生命の原点といえます。

〔田の神様くたのかんさぁ>:宮崎県えびの市は田の全域にこの神様を祀っています〕

お米が天と地の恵みをいっぱい受けて育っていることを、昔から日本人はそのお米を戴いてきたことを、そして、エネルギー(生命力)に満ちた人生を送るためにも、宝であり希望であり未来である子どもたちに伝えていかなければなりません。願わくば、玄米食で少食(腹八分)の大切さも!         (にほんよ いくに/葉室頼昭著より 一部引用)

 “あなたは何者?“わたしは微生物です!”

私たちは利便性と効率化を追い求め過ぎてきたように感じています。

体調が悪くなると、すぐに病院へ行き、病名が決まり、手術となったり、投薬(抗生物質や多種の薬)が始まります。

作物に病気が出ると(出るかも知れない?と心配して)殺菌剤、虫がつくと(つくかも知れない?と考え)殺虫剤、更には病害虫予防として遺伝子組み換え種子を使う。収量が減っては大変!と化成肥料を多めに投入する。堆肥でも未熟なものを大量に入れて、結果は品質低下と減収。この繰り返しを永年続けて、圃場は疲弊し作物も人の体も病気が蔓延しています。

あまりにも単純且つ、短絡的で直線的に考え判断してきていないでしょうか?微生物のこと、微生物と植物や人間との共生についてしっかり理解するのはなかなか骨の折れることかもしれませんが、この自然の目に見えない隠れた世界を覗き込むことで、少しずつ理解することができ、自然の力(法則、叡智、愛)に気付くことになるのではないでしょうか。

目に見えない土壌微生物や私たちの体の消化管に棲む腸内細菌たちにとって居心地の良い環境作りの手助けをするだけで、私たち人間にとっても計り知れない恩恵を受けることになります。
「細菌、微生物、ウイルス=敵」という間違った認識を改め、生命体は微生物によって生かされているという本質に気付くことがとても大切です。

 “あなたは何者?”と問われて、“わたしは微生物です!”と言ってもいいほどです。

生活習慣や先入観念、固定概念を見直すことで、未然に病気を防ぐことになり、健康を取り戻し維持していけると考えています。その第一歩は、自然の恵みを生かした日本人としての伝統的な食生活に切り替えることです。細菌や微生物を敵としてむやみに殺菌剤を使わない、虫を見て害虫と決めつけて農薬をふり撒かない、起きてくる問題の原因の多くは人間がつくっていることを肝に銘じて。

環響エネルギー(LOA)という目には見えない力・パワーはこのあまねく世界(大宇宙、人体という小宇宙、地下世界)に偏在しています。LOAのはたらき、効果を更に貴めるためにもこのような視点(愛と調和と感謝の心)を持つことは大事なことと考えています。

*人間や動物の腸を裏返すと植物の根と同じようなかたちやはたらき(しくみ)が見えてくる

腸の絨毛と根毛の構造やはたらきもとても似ていることが解ります。腸内細菌と菌根菌の生態は酷似しています。

 人の腸と植物の根のかたち、はたらきは驚くほど似ています。卵子と精子が受精して最初にできる器官は腸であります。植物の発芽の時も先ず根が動き、地下へ伸び始めます。

(人工的影響のない)自然と野生に病気は少ない。常に循環し、ありのままの(健全な)姿を現すだけ

病原菌やウイルスは時として植物や人に襲いかかり?病気になったり、死に至ることもあります。しかしながら、菌やウイルスがいたから病気になるわけではありません。条件(環境悪化や免疫力低下)が揃ったときに菌やウイルスが活性し増殖しているだけなのです。土中にも体内にも常在の病原菌(日和見菌)やウイルスはいます。
見方を変えますと、病気や死という現象や結果は、“その原因は宿主に、或いは地上や地下の土壌にあるよ”というメッセージが発せられているということに他なりません。

その原因の殆どが『環境』にあると考えていいと思います。『環境』と言っても範囲が広すぎますが、人間の場合は食べ物、飲み物、有害化学物質(食品添加物、薬剤、抗生物質)、有害人工電磁波などと生活習慣の内容です。更に突き詰めれば『意識』の在り方まで環響エネルギーと言えます。土壌と植物にとっては肥料(未分解有機物、化成肥料)や農薬、殺菌剤の多用などが考えられます。

“人はなぜ食べるのか?”“なぜ土壌に堆肥を入れるのか?”の真意を真剣に考えなければなりません。有機物(糖質や脂質)は、土壌微生物の餌(栄養)であり、腸内の微生物の餌(栄養)となるものです。有機物が植物の根や腸から直接吸収されることは少なく、小動物や微生物が栄養の取り込みを助けながら病害虫を予防しているのです。圃場には完熟に近い堆肥(炭素を含む素材と畜糞)が必要であり、人間の食生活においては複合糖質(できるだけ精白しない穀類や野菜、果物)をバランスよく摂ることです。化成肥料やサプリメントは土壌や腸内の微生物の餌(栄養)とは言えません。複合糖質を与えられた健全な微生物群集が構成されなければ、持続的に土壌と植物の健康、そして人間の健康を維持していくことはできません。

これらの重要性を伺えるヒントは、自然の山の健全な姿です。自然の循環の中では局所的に病気が発生してもそれが蔓延ることはありません。殺菌剤も農薬もまったく使わずに、です。多種多様な微生物と多くの動植物との共生、循環に支えられているためではないでしょうか。

自然の隠れた半分(地下と地上)を観る

土壌生物にはハサミムシ、甲虫類、ミミズ、ダニ、トビムシなどがいます。これらの生物によって有用な栄養が有機物から引きはがされるプロセスが始まり、微生物を仲介して最後に炭素、窒素、水素など単純な化合物が残ります。微生物は有機物を分解しているだけではなく、植物が必要とし、吸収できるような栄養分(栄養、岩、微量要素、有機酸)の供給と分配という役割も果たしています。つまり、植物は有機物を直接吸収していなくても、有機物を養分として分解する土壌生物の代謝物を吸収しているのです。

土壌微生物は植物の根のまわりに多く集まっています(根圏)。根圏はクモの糸ほどの植物の根毛1本1本を、まるで生きている後光のように取り巻いています。根毛は1本の根から数百万本生え、それにより表面積が増えて、植物と土壌微生物の相互作用が大幅に活性化され、根圏に集まる微生物の数は最大で周囲の土壌の約100倍になるようです。

植物は土の中に栄養豊富な浸出液(炭水化物、アミノ酸、ビタミン、フィトケミカルなどあらゆる栄養)を微生物の餌として放出して有益微生物を根圏に集めます。勧誘された微生物は地下で仕事に就き、盟友である植物を守る衛兵の役目を務め、根圏に植物にとって有益あるいは無害な生物がたくさん棲んでいれば、その場合、病原体(菌)には、堀のような根圏を渡って植物の城壁を突破できる可能性はほとんどなくなります。

 

地下及び地上世界における自然界・生物の循環(生→死→分解→生)はそれほど単純なシステムではありません。植物と微生物の相互関係、共生は人間の常識や理解を超えた複雑で不可思議な世界です。自然の叡智としてのギブ&ギブの世界が広がっているように映ります。

☆フィトケミカルとは、植物が作り出す物質で、微生物との情報伝達を含め、防御と健康にかかわる幅広い機能を持つ。

普通?!の基準

疑問に思うこと、それは約30年前くらいから始まりました。

日本人の3人に1人がガンになり、2人に1人がガンで死ぬ、と言われ始めたことです。このような例は他にもたくさんあります。鬱など原因不明の精神的な病気や脳機能障害、不妊の問題等々。

いつの時代に生まれたか?によってその受け止め方は様々ですが、ガン(病気)になりガン(病気)によって死んでいくことが当たり前のようになっている現代の常識?!のようです。

ここにご紹介する内容もその一つではないでしょうか。2月24日付の信濃毎日新聞で取り上げられた『15歳以下の子どもの発達障害』の記事です。記事の内容は小児科医の診察・診断・診療などのスキルアップについてですが、愕然としたのは発達障害の子どもの多さです。長野県内約30万人の子どもの数に対して、推計3万人(1割前後)が支援を必要としているそうです。ある医療に関わる人のお話しをお聴きする機会がありましたが、その内容はもっと衝撃的なものでした。共通したの環境が影響していると思われますが、3歳児検診が実施された一部の地域の対象幼児の7割~8割の子どもに何らかの障害(発達障害)が確認されたとのことです。このような状況が続くことで、当たり前、普通、一般的、として扱われることになってしまいかねません。

発達障害対応の医師育成(信濃毎日新聞)

問題や課題に対処するための体制(医療制度や法律)や対策(新薬開発など)もとても大事なことですが、どんなに科学や医療技術が発達しても、新薬が発明・開発されても、根本的原因の究明とその原因への対策を的確に講じていくアプローチが無ければ本質的解決に辿り着けないと思われます。

今、私たちが目の当たりにしている問題の本質的原因は『環境』に起因していると思われます。由って、その解決の道しるべも『環境』にあると考えています。改善・解決のキーワードは『いい環境づくり』です。

☆子どもは宝です。
☆子どもは希望です。
☆子どもは未来です。