身土不二(地産地消、地消地産)と 一物全体

日本は農(業)の国です。いや、工業国だ!と 言っても、工業の道を進み始めてまだ僅か100 年余りしか経って いません。それなのに、食料自給率は 40 %と先進国では最下位です。自由主義経済、貨幣経済の明るい展望はもう望めなくなってきているように感じます。

100%自家発電や蓄電などオフグリッド化、自然保護や来る時に備えて自衛的生活様式への転換も動き始めて いますが、先ずは、何をどのように「食べる」か、ではないでしょうか?日本の農家がすべて篤農家(消費者のことや環境のことを考え、農薬や化学肥料の逓減化)を目指し、安全・安心で美味しいものを日本国民に供給することで、自ずから輸入品が少なくなり自給率は高まり、食の安定化へと進み始めます。

そのためには、生産者と消費者が前述の「天と地の恵みと生命の誕生」を少しずつでも理解しながら、視点を変え、意識を変えていかなければ、これから先の時代を切り抜け ることは難しいと思われます。このような『農』や『食』の改革を進めて自立した農業国 家日本を築くキーワードは『身土不二 』言い換えますと、『地産地消』『地消地産』と『一物全体』です。特別な農産物(地形や気候、気温に左右されるもの)は別として、その土地で採れた作物はその地域で消費する。その地域で消費されるものはその地域で作る、そして、肉も魚も野菜も何でも丸ごと食べる。捨てるところなく戴く、利用し尽す、ということです。

地産地消、地消地産と言っても、世界の中の日本と捉える尺度と長野県内、或いは東信地域といったサイズの捉え方もあります。運ぶ距離や保存期間もできるだけ短く、天然自然の力を利用した保存の仕方なども工夫していくと熱エネルギー も最小限に抑えられます。環境やエネルギー (ECO) 問題の改善・解決も『食』や『農』のイノベーションが一大事(決め手) と考えられます。

天と地の恵みと生命の誕生

生命は地球の海で誕生しました。海水の塩は、地中から噴出したマグマが海に溶け出した地のエネルギーです。そこに太陽や天体からの天のエネルギーが降り注ぎ、天と地の両方のエネルギーが満ちたところに生命が誕生しました。海水がなければ生命は誕生しませんでした。その証に私たちの体の約60%は塩水の体液になっています。輸血の代用として使われるリンゲル液、生理食塩水の安全性はここからも解かります。

この天と地の両方のエネルギーをいっぱい受けているのが植物です。特に樹木は地中深  く根を張って、地からのエネルギーを樹体内に取り入れています。他にも必要な物質や栄  養素も必要に応じて調達し賄える(元素転換)能力を備えています。一方、葉を茂らせて、光のエネルギーをいっばい受け、葉っばが光合成によって酸素を生み出しています。光合成や窒素同化作用など自らエネルギー(ATP) を作り出し、必要なデンプンやアミノ酸の合成を成せる植物ゆえに、数百年~数千年と生きる能力を備えているのでしょう。独立栄蓑生物と謂われる所以はここにあります。

人間は地の中に足を入れていませんが、地のエネルギーの結晶であるお米や野菜を食べることで地のエネルギーを得ています。(他の動物を含めて、従属栄養生物と謂われます) 中でも、約半年間かけて田んぼで作られるお米は天のエネルギーと、地のエネルギーをいっばい受けて育った稲から生まれてきます。日本人はお米に対する想いが強く、昔から神様に(田の神様)祈って、大切に育ててきました。お米は日本人の生命の原点といえます。

〔田の神様くたのかんさぁ>:宮崎県えびの市は田の全域にこの神様を祀っています〕

お米が天と地の恵みをいっぱい受けて育っていることを、昔から日本人はそのお米を戴いてきたことを、そして、エネルギー(生命力)に満ちた人生を送るためにも、宝であり希望であり未来である子どもたちに伝えていかなければなりません。願わくば、玄米食で少食(腹八分)の大切さも!         (にほんよ いくに/葉室頼昭著より 一部引用)

 “あなたは何者?“わたしは微生物です!”

私たちは利便性と効率化を追い求め過ぎてきたように感じています。

体調が悪くなると、すぐに病院へ行き、病名が決まり、手術となったり、投薬(抗生物質や多種の薬)が始まります。

作物に病気が出ると(出るかも知れない?と心配して)殺菌剤、虫がつくと(つくかも知れない?と考え)殺虫剤、更には病害虫予防として遺伝子組み換え種子を使う。収量が減っては大変!と化成肥料を多めに投入する。堆肥でも未熟なものを大量に入れて、結果は品質低下と減収。この繰り返しを永年続けて、圃場は疲弊し作物も人の体も病気が蔓延しています。

あまりにも単純且つ、短絡的で直線的に考え判断してきていないでしょうか?微生物のこと、微生物と植物や人間との共生についてしっかり理解するのはなかなか骨の折れることかもしれませんが、この自然の目に見えない隠れた世界を覗き込むことで、少しずつ理解することができ、自然の力(法則、叡智、愛)に気付くことになるのではないでしょうか。

目に見えない土壌微生物や私たちの体の消化管に棲む腸内細菌たちにとって居心地の良い環境作りの手助けをするだけで、私たち人間にとっても計り知れない恩恵を受けることになります。
「細菌、微生物、ウイルス=敵」という間違った認識を改め、生命体は微生物によって生かされているという本質に気付くことがとても大切です。

 “あなたは何者?”と問われて、“わたしは微生物です!”と言ってもいいほどです。

生活習慣や先入観念、固定概念を見直すことで、未然に病気を防ぐことになり、健康を取り戻し維持していけると考えています。その第一歩は、自然の恵みを生かした日本人としての伝統的な食生活に切り替えることです。細菌や微生物を敵としてむやみに殺菌剤を使わない、虫を見て害虫と決めつけて農薬をふり撒かない、起きてくる問題の原因の多くは人間がつくっていることを肝に銘じて。

環響エネルギー(LOA)という目には見えない力・パワーはこのあまねく世界(大宇宙、人体という小宇宙、地下世界)に偏在しています。LOAのはたらき、効果を更に貴めるためにもこのような視点(愛と調和と感謝の心)を持つことは大事なことと考えています。

*人間や動物の腸を裏返すと植物の根と同じようなかたちやはたらき(しくみ)が見えてくる

腸の絨毛と根毛の構造やはたらきもとても似ていることが解ります。腸内細菌と菌根菌の生態は酷似しています。

 人の腸と植物の根のかたち、はたらきは驚くほど似ています。卵子と精子が受精して最初にできる器官は腸であります。植物の発芽の時も先ず根が動き、地下へ伸び始めます。

(人工的影響のない)自然と野生に病気は少ない。常に循環し、ありのままの(健全な)姿を現すだけ

病原菌やウイルスは時として植物や人に襲いかかり?病気になったり、死に至ることもあります。しかしながら、菌やウイルスがいたから病気になるわけではありません。条件(環境悪化や免疫力低下)が揃ったときに菌やウイルスが活性し増殖しているだけなのです。土中にも体内にも常在の病原菌(日和見菌)やウイルスはいます。
見方を変えますと、病気や死という現象や結果は、“その原因は宿主に、或いは地上や地下の土壌にあるよ”というメッセージが発せられているということに他なりません。

その原因の殆どが『環境』にあると考えていいと思います。『環境』と言っても範囲が広すぎますが、人間の場合は食べ物、飲み物、有害化学物質(食品添加物、薬剤、抗生物質)、有害人工電磁波などと生活習慣の内容です。更に突き詰めれば『意識』の在り方まで環響エネルギーと言えます。土壌と植物にとっては肥料(未分解有機物、化成肥料)や農薬、殺菌剤の多用などが考えられます。

“人はなぜ食べるのか?”“なぜ土壌に堆肥を入れるのか?”の真意を真剣に考えなければなりません。有機物(糖質や脂質)は、土壌微生物の餌(栄養)であり、腸内の微生物の餌(栄養)となるものです。有機物が植物の根や腸から直接吸収されることは少なく、小動物や微生物が栄養の取り込みを助けながら病害虫を予防しているのです。圃場には完熟に近い堆肥(炭素を含む素材と畜糞)が必要であり、人間の食生活においては複合糖質(できるだけ精白しない穀類や野菜、果物)をバランスよく摂ることです。化成肥料やサプリメントは土壌や腸内の微生物の餌(栄養)とは言えません。複合糖質を与えられた健全な微生物群集が構成されなければ、持続的に土壌と植物の健康、そして人間の健康を維持していくことはできません。

これらの重要性を伺えるヒントは、自然の山の健全な姿です。自然の循環の中では局所的に病気が発生してもそれが蔓延ることはありません。殺菌剤も農薬もまったく使わずに、です。多種多様な微生物と多くの動植物との共生、循環に支えられているためではないでしょうか。

自然の隠れた半分(地下と地上)を観る

土壌生物にはハサミムシ、甲虫類、ミミズ、ダニ、トビムシなどがいます。これらの生物によって有用な栄養が有機物から引きはがされるプロセスが始まり、微生物を仲介して最後に炭素、窒素、水素など単純な化合物が残ります。微生物は有機物を分解しているだけではなく、植物が必要とし、吸収できるような栄養分(栄養、岩、微量要素、有機酸)の供給と分配という役割も果たしています。つまり、植物は有機物を直接吸収していなくても、有機物を養分として分解する土壌生物の代謝物を吸収しているのです。

土壌微生物は植物の根のまわりに多く集まっています(根圏)。根圏はクモの糸ほどの植物の根毛1本1本を、まるで生きている後光のように取り巻いています。根毛は1本の根から数百万本生え、それにより表面積が増えて、植物と土壌微生物の相互作用が大幅に活性化され、根圏に集まる微生物の数は最大で周囲の土壌の約100倍になるようです。

植物は土の中に栄養豊富な浸出液(炭水化物、アミノ酸、ビタミン、フィトケミカルなどあらゆる栄養)を微生物の餌として放出して有益微生物を根圏に集めます。勧誘された微生物は地下で仕事に就き、盟友である植物を守る衛兵の役目を務め、根圏に植物にとって有益あるいは無害な生物がたくさん棲んでいれば、その場合、病原体(菌)には、堀のような根圏を渡って植物の城壁を突破できる可能性はほとんどなくなります。

 

地下及び地上世界における自然界・生物の循環(生→死→分解→生)はそれほど単純なシステムではありません。植物と微生物の相互関係、共生は人間の常識や理解を超えた複雑で不可思議な世界です。自然の叡智としてのギブ&ギブの世界が広がっているように映ります。

☆フィトケミカルとは、植物が作り出す物質で、微生物との情報伝達を含め、防御と健康にかかわる幅広い機能を持つ。

農業に照らして、いろいろな視点から考えてみると

当然のことですが、いい圃場(土壌)にはいい作物が育ち、病気はありません。

そして、虫も付きにくく、美味しく、市場では希少な貴重品として高値で売れていきます。生産者も消費者もみんな笑顔になれます。

では、多くの農業の現場ではなぜ作物が病気になり、虫が付くのでしょうか?

そして、私たちが望む『滋養豊かな美味しい、お代わりしたくなるようなもの』がなぜ作れないのでしょうか?

人間や動物の健康は食べ物と腸の働きにかかっています。私たちの主食である植物(作物)にとって健康を左右するのは土です。いわゆる動物の腸に相当するのが土であり、その土に何(植物が必要とするもの)を入れるか、です。

一言で言いますと、病気や虫を寄せる原因、連作障害の原因は人間がつくっています。基本は子育てと同じで、「育てる」ものではなく「育つ」もの。親や大人は愛情をもって育つのを待ち、一歩引いて手助けする。「たくさん育てよう」とか「大きくしてやろう」とむやみな施肥が作物の生育を乱します。栄養(窒素)過多になると、茎も葉も実も軟らかく軟弱となり、気候変動(寒暖)にも耐えられなくなり、病気になり易く虫も付きます。となると、どうしても薬(農薬という毒)が必要になります。

また、「微生物を入れると有効」と聞くと土着菌ではない「よその微生物」を大量に入れ、酸性土には石灰を撒くといいと聞くと毎年大量に消石灰を入れたりします。微生物の間の淘汰や石灰などの影響で土壌は冷えて固くなり、段々作りづらくなり病気が蔓延り、虫も多くなります。すると、ここでも薬(農薬という毒)の出番です。このようにして、ますます土は冷たく固くなっていきます。

自然の循環から益々遠のいて、年々不味くて体(人や動物)に良くないものを作り続けることになります。作物も人も連作障害の輪の中に組み込まれてしまいます。

他にも、“隣が農薬散布したから”とか、“虫(害虫?)が出るかも知れない、出たら大変だから”という心理的なプレッシャーや種々のトラウマに負けて、効き目のない卵の状態や蛹の状態(孵化や羽化の時期を考えず)で強い農薬を大量に散布する。そんなことも重なり、土は益々やせ細って(地力低下)しまいます。

人間も動物も植物も同じ生き物です。食べ過ぎ(栄養過多)、薬の多用(薬も多いと毒)は、生命体が本来持っている生命力(免疫力、自然治癒能力、自己調整・活性能力、忌避能力)を低下させ、ウイルスや病原菌などに対する防御力が弱まり病気に罹患(りかん)し易くなります。

解り易い例として、人の場合、食べる物や食べる量によって起こる糖尿病や心臓病、痛風などがあります。植物の場合ですと、水や窒素を与え過ぎると、徒長という枝や茎が間延びして伸びる現象(結果)になります。徒長すると病気に罹りやすくなり、暑さ寒さにも弱くなります。稲は茎が弱くなり倒れやすくなります。

徒長の原因には、肥料(窒素)のやり過ぎの他に、日照不足や根や株間、芽の混み過ぎとそれによる風通しの悪さもありますが、とにかく、窒素過多は作物を不味くします。

人間社会にも田んぼや畑にもたくさんの病気がありますが、その殆どが食べ過ぎ(栄養過多)飲み過ぎ(水分過剰)が原因です。人間も動物も作物も与えればいくらでも食べ、いくらでも太り、軟弱となり病気を引き寄せ発症しています(遺伝子の問題)。病気になってから、いくらいい薬(農薬)を使っても健康にはなりません。

まして、殆どの場合、問題を解決するために薬を使うほどのことはありません。収量減(5%程度と謂われています)と農薬や化成肥料のコスト比較をして判断してみてください。

これからは私たち自身も、農という営みも、シックケアーからヘルスケアーへシフトする時です。

一体、私たちは何を食べているのでしょうか?

唐突ですが、現代の私たちは一体何を食べて生きているのでしょうか?

 

米、野菜、果物、牛肉、豚肉、鶏肉、魚、そしてこれらの加工食品や飲料です。

でも本当は何なのでしょうか?何を食べているのでしょうか?

 

なぜこのようなことを申し上げるのか、と言いますと、私は団塊の世代ですが、私たちの幼い頃(昭和20年代~40年代)には少なかった(聞かなかった)病気、例えば、ガン、心臓病、糖尿病、認知症、うつ病、自閉症、ダウン症、アトピー、アレルギーなど数え切れない程の病気が今蔓延しています。そして、その現象や問題点は長寿命化したことによる数の多さのことではなく、幼い子どもたちや壮年に広がっているということです。長寿国家の立役者は明治、大正、昭和初期生まれの粗食で育った頑丈な人たちなのですから。

医師の数も、病院も増え、高度の医療技術が発達しています。新薬も次々に開発されています。それに比例して?病気は年々増え続け、医療費は国家予算の約半分(約40兆円)に膨らんでいます。一体どうなっているのでしょうか?その本質的な原因は何でしょうか?昔は殆ど無かったものが、なぜ今、現代に蔓延っているのでしょうか?

 

大気汚染、薬害、電磁波問題など病気の遠因・原因と思われるものはたくさんあります。由って、病気の原因を絞れるわけではありませんが、原因の大きな一つに「食品」が挙げられると思います。この「食品」は実は農薬と化成肥料で育てられた米、野菜、果物という化学合成物であり、薬品まみれの輸入の飼料を食べさせ、ホルモン剤等を投与された牛、豚、鶏の肉という化学合成物、何を与えているのか分からない養殖の魚介類、作物や畜産・魚介類の加工食品は日持ちや見た目を良くした添加物だらけの化学合成品、飲料は砂糖と着色料で果物などに似せた本物まがいのものばかりと言っても過言ではありません。

 

光であり、エネルギーであり、生命力そのものでなければならない作物や肉、魚でなければ私たちは健全性(ホメオスタシス)を保つことができません。現在、私たちは米、野菜、果物、肉や魚はその形をした化学合成品を常食しています。これで、健全で活力に満ちた命を全うすることは難しいと思われます。健康を約束できる農業という一次産業を再構築していかなければなりません。一時産業であってはなりません。

体は常に正しくはたらく

人や動植物の病気の真の原因を正確に特定することはできません。由って、現代の科学(医学や薬学)の得意とする対症療法だけで、原因を特定してピンポイントで治癒する、或いは予防することは甚だ難しいことです。一時的に抑え、散らし、眠らせるに過ぎないことをもっと知らなければなりません。“自然界には4百4病あるが、薬を使うほどのことはない”と言われた先人がおられましたが、正にその通りかと思われます。

人も動植物も薬等に頼らず病気を治癒する、予防できる共通の要件があるとすれば、それは「環境(場)に依る」ということではないでしょうか。環境には、物理的な側面と精神的側面があり、また、体外的側面と体内的側面があります。植物・作物は土壌の健全性や四囲のあらゆる条件や作用によるところが大きく、動物や人間はその植物・作物に依存して生きています。『食という環境』の保全と更に意識(心)のあり方などによって私たち自身の健康と健全性を維持していかなければなりません。

―不健康な土壌からとれた食物を食べている限り、魂は自らを肉体の牢獄から解放するためのスタミナを欠いたままだろう―(ルドルフ・シュタイナー)

素直とか謙虚ということと、鵜呑みにすることは全く別物です。日々ありとあらゆる情報がTVやインターネット・新聞・雑誌などから流れ出ています。それによって私たちはいかに危険(リスキー)な状況におかれているかを理解するためには、自ら確かめ、感じて、考えて、真実を判(解)ることです。

“今日はどんなものを食べ、何を飲みましたか!?”

病気になり、薬(毒)を使う原因(環境)は自分自身で創っています。