“あなたは何者?“わたしは微生物です!”

私たちは利便性と効率化を追い求め過ぎてきたように感じています。

体調が悪くなると、すぐに病院へ行き、病名が決まり、手術となったり、投薬(抗生物質や多種の薬)が始まります。

作物に病気が出ると(出るかも知れない?と心配して)殺菌剤、虫がつくと(つくかも知れない?と考え)殺虫剤、更には病害虫予防として遺伝子組み換え種子を使う。収量が減っては大変!と化成肥料を多めに投入する。堆肥でも未熟なものを大量に入れて、結果は品質低下と減収。この繰り返しを永年続けて、圃場は疲弊し作物も人の体も病気が蔓延しています。

あまりにも単純且つ、短絡的で直線的に考え判断してきていないでしょうか?微生物のこと、微生物と植物や人間との共生についてしっかり理解するのはなかなか骨の折れることかもしれませんが、この自然の目に見えない隠れた世界を覗き込むことで、少しずつ理解することができ、自然の力(法則、叡智、愛)に気付くことになるのではないでしょうか。

目に見えない土壌微生物や私たちの体の消化管に棲む腸内細菌たちにとって居心地の良い環境作りの手助けをするだけで、私たち人間にとっても計り知れない恩恵を受けることになります。
「細菌、微生物、ウイルス=敵」という間違った認識を改め、生命体は微生物によって生かされているという本質に気付くことがとても大切です。

 “あなたは何者?”と問われて、“わたしは微生物です!”と言ってもいいほどです。

生活習慣や先入観念、固定概念を見直すことで、未然に病気を防ぐことになり、健康を取り戻し維持していけると考えています。その第一歩は、自然の恵みを生かした日本人としての伝統的な食生活に切り替えることです。細菌や微生物を敵としてむやみに殺菌剤を使わない、虫を見て害虫と決めつけて農薬をふり撒かない、起きてくる問題の原因の多くは人間がつくっていることを肝に銘じて。

環響エネルギー(LOA)という目には見えない力・パワーはこのあまねく世界(大宇宙、人体という小宇宙、地下世界)に偏在しています。LOAのはたらき、効果を更に貴めるためにもこのような視点(愛と調和と感謝の心)を持つことは大事なことと考えています。