点と点から線へ、そして面へ

2005年のLOAの開発から既に15年が経過しています。お陰様で、最初は一つの点でしたが、次第にその点が増え続け、今では北海道から沖縄まで日本全国に亘っています。このことの意味は、点と点が繋がり線となり、日本全体を覆う面となることです。

これは水や電気、土などのマテリアル(エレメント)を通して日本全土を環響エネルギーで包んでいることになります。まだ全域ではありませんが、言うなれば「日本全体が結界で護られて、最善の環境になりつつある」ということでもあります。但し、それを強く実感、体感できる人はLOAに接しておられる方のみですが、四囲の環境が徐々に良くなり全体が貴まっていくことで、多くの人が実感するかしないかに拘らず、知らず知らずのうちに穏やかに安全や安心を享受できるということになります。

※今後の大きな問題として、5Gや6Gなど新しい通信規格のインフラや製品が日本はじめ世界中に普及し始めています。地球上の生命体に対する影響は計り知れないものがあります。化学物質の多様による汚染と強力な電磁波汚染等複合汚染によって免疫力、自己治癒力、自己調整能力の低下が益々進んでいきます。そのような厳しい生活環境の中で新たな感染症や原因不明(?)の多くの疾病等に立ち向かわなければなりませんが、その防御網(対応策)はひとり一人の嗅覚と予知という感性に依るしかありません。