犬に使った体験談…

【ペット】

犬に使った体験談をお客さんから頂いたのでお送りします(宇治健康センター様より)

犬 14才、
七年前からくしゃみのような咳
心臓、肝臓の腫れ
今年八月、枯れたような激しい咳 チアノーゼみたいに
九月、二日入院。治らず。
10月にペンダント(人間用のもの)と汎用シート買う。
咳をしている時に、シートを挟んで撫ぜると、もっともっとと近寄ってくる。
手だけやと逃げる。
一ヶ月くらいで、ピタッと症状出なくなる。
今に至る。

——————–

いわきのWです。 アルケーの効果についてメールします。
私の家には15歳の雄犬がいます。人間の歳にすると80歳位になると思います。今年の夏はとても暑く、犬も夏バテと年齢のせいで食事を与えても半分以上残し、毎日寝てばかりいて家族では「もう永くはないかもね!」 なんて言っていました。そんな時、9月の末にアルケーS2を電気と水道の2カ所に取り付けました。そして10月になったら犬が食事を残さず食べるようになり、あんなにバテていて今にも死にそうだったのが元気になりました。ちなみに私の家では、子犬の頃からドックフードではなく、ご飯に犬の缶詰をのせ、味噌汁をかけた物と水を食べさせています。そして今(10月19日)は今までの量の1.5倍位食べるようになっています。
<福島県 M.Wさん>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です