小さいもの、目に見えないものの力(パワー)を知る

“問題提起することや異論反論、理想論を言うのは簡単だ”と言われるかもしれませんが、考え方(思考)次第で、動き方次第で大きな山も動かすことができます。電子顕微鏡などを通してしかとらえることのできない、目に見えない極小のウイルスに地球上の人類の殆どがこれほどまでに揺さぶられ翻弄されて、自粛させられてしまうわけですから、できないわけがありません。そのヒントは、

“小さいもの、目に見えないものの力(パワー)を知る” の続きを読む

基本放射エネルギーの位置関係

なぜ、ウイルスが人や動物、植物に感染するのか?

以下、推論(私見)です。

ウイルスや病原菌を含めてすべての生物、ウイルス(生物でも無生物でもない摩訶不思議な中間の存在)、無生物はそれぞれ固有のエネルギー(基本放射エネルギー)を発しています。

“基本放射エネルギーの位置関係” の続きを読む

新型コロナウイルスのパワー!!

今回の新型コロナウイルスの災禍を決して良しとするものではありませんが、この極小のモノ(約0.01μm=10nm/生物でもない、無生物でもない摩訶不思議なモノで、人や動物、植物の細胞でしか存在できず遺伝子を持っている)がこの地球環境を浄化し甦生させるほどのパワーを発揮して、世界中の人間の活動を極限にまで抑え込んでしまいました。 “新型コロナウイルスのパワー!!” の続きを読む

新型コロナウイルスへの備え②

先日のブログ投稿に続き、第2弾として「新型コロナウイルスに備える」を投稿しますので、よろしければご参考になさってください。

ウイルスによる感染症(例:帯状疱疹、耳ヘルペス等)で重症化に陥るのは、罹患したその人の状態次第です。但し、持病のある高齢者の方などは感染症以前にリスクが高いです。

前回も触れましたが、”ストレス”が最も危険です。中でも自分の中で大きく膨らませる精神的負荷の状態がしばらく続くと、常在(すでに自分の体に潜んでいる)ウイルスや病原菌?がこの時とばかりに活動を始めます。身体的に疲労している時に、加えて精神的ストレスがあると免疫力を一気に落とします。中でも、経済的(お金、資金繰り)問題や人間関係上のトラブルは最悪です。

そのような意味からも過度の心配・心労そして恐怖心がウイルスを引きつけてしまうことを肝に銘じておくことが大事です。特別なマイナス(ネガティブ)の意識や行動をとらない限り、生命が危険にさらされることはないはずです。

前回も述べましたが、人間をはじめ今生き延びている動植物はありとあらゆる病原菌、ウイルス、カビ、有毒ガス、紫外線、放射線の中で対処、適応、調和しながらうまく生きてきたのです。今回のウイルス対応策で気になることは、そのような貴重な機会を子どもたちから遠ざけているように思えることです。部屋に閉じ込めず、学校や公園で走り回ることが子どもたちを健全にするのではないでしょうか!?

このブログは『安心の種』ですので、LOAのことを少しお伝えしますが、LOA(環響エネルギー)の環境下では、新型コロナウイルスの動きは止まるようです。微生物の実験において、環響エネルギーを貴める毎に微生物のバランスが変化しました。

そのデータはホームページに載せてありますが、環響エネルギーを貴めるとすぐさま病原菌と有効菌の勢力図(圏)が大きく動き始め、9〈病原菌〉:1〈有効菌〉の割合が10日毎に著しく変化し、60日後にはおおよそ1:9で有効菌が圧倒的に増え、望ましい自然の状態(姿)となりました。そのような情報、パワーがLOAには備わっているようです。

いつも申し上げていますが、LOAの環境にするということは、様々な外敵(放射能、電磁波、化学物質、ウイルス、病原菌など)から自分自身と家族を守れるサンクチュアリ(安全地帯)を創ることになります。

天と地の恵みと生命の誕生

生命は地球の海で誕生しました。海水の塩は、地中から噴出したマグマが海に溶け出した地のエネルギーです。そこに太陽や天体からの天のエネルギーが降り注ぎ、天と地の両方のエネルギーが満ちたところに生命が誕生しました。海水がなければ生命は誕生しませんでした。その証に私たちの体の約60%は塩水の体液になっています。輸血の代用として使われるリンゲル液、生理食塩水の安全性はここからも解かります。

この天と地の両方のエネルギーをいっぱい受けているのが植物です。特に樹木は地中深  く根を張って、地からのエネルギーを樹体内に取り入れています。他にも必要な物質や栄  養素も必要に応じて調達し賄える(元素転換)能力を備えています。一方、葉を茂らせて、光のエネルギーをいっばい受け、葉っばが光合成によって酸素を生み出しています。光合成や窒素同化作用など自らエネルギー(ATP) を作り出し、必要なデンプンやアミノ酸の合成を成せる植物ゆえに、数百年~数千年と生きる能力を備えているのでしょう。独立栄蓑生物と謂われる所以はここにあります。

人間は地の中に足を入れていませんが、地のエネルギーの結晶であるお米や野菜を食べることで地のエネルギーを得ています。(他の動物を含めて、従属栄養生物と謂われます) 中でも、約半年間かけて田んぼで作られるお米は天のエネルギーと、地のエネルギーをいっばい受けて育った稲から生まれてきます。日本人はお米に対する想いが強く、昔から神様に(田の神様)祈って、大切に育ててきました。お米は日本人の生命の原点といえます。

〔田の神様くたのかんさぁ>:宮崎県えびの市は田の全域にこの神様を祀っています〕

お米が天と地の恵みをいっぱい受けて育っていることを、昔から日本人はそのお米を戴いてきたことを、そして、エネルギー(生命力)に満ちた人生を送るためにも、宝であり希望であり未来である子どもたちに伝えていかなければなりません。願わくば、玄米食で少食(腹八分)の大切さも!         (にほんよ いくに/葉室頼昭著より 一部引用)

普通?!の基準

疑問に思うこと、それは約30年前くらいから始まりました。

日本人の3人に1人がガンになり、2人に1人がガンで死ぬ、と言われ始めたことです。このような例は他にもたくさんあります。鬱など原因不明の精神的な病気や脳機能障害、不妊の問題等々。

いつの時代に生まれたか?によってその受け止め方は様々ですが、ガン(病気)になりガン(病気)によって死んでいくことが当たり前のようになっている現代の常識?!のようです。

ここにご紹介する内容もその一つではないでしょうか。2月24日付の信濃毎日新聞で取り上げられた『15歳以下の子どもの発達障害』の記事です。記事の内容は小児科医の診察・診断・診療などのスキルアップについてですが、愕然としたのは発達障害の子どもの多さです。長野県内約30万人の子どもの数に対して、推計3万人(1割前後)が支援を必要としているそうです。ある医療に関わる人のお話しをお聴きする機会がありましたが、その内容はもっと衝撃的なものでした。共通したの環境が影響していると思われますが、3歳児検診が実施された一部の地域の対象幼児の7割~8割の子どもに何らかの障害(発達障害)が確認されたとのことです。このような状況が続くことで、当たり前、普通、一般的、として扱われることになってしまいかねません。

発達障害対応の医師育成(信濃毎日新聞)

問題や課題に対処するための体制(医療制度や法律)や対策(新薬開発など)もとても大事なことですが、どんなに科学や医療技術が発達しても、新薬が発明・開発されても、根本的原因の究明とその原因への対策を的確に講じていくアプローチが無ければ本質的解決に辿り着けないと思われます。

今、私たちが目の当たりにしている問題の本質的原因は『環境』に起因していると思われます。由って、その解決の道しるべも『環境』にあると考えています。改善・解決のキーワードは『いい環境づくり』です。

☆子どもは宝です。
☆子どもは希望です。
☆子どもは未来です。

 

内なる外、外なる内

生命誕生の様子(細胞や諸器官のできる様)を見ていると、人や動物は小腸が先ずできて、その後、骨格や脳ができ始めるようです。その小腸でも大事なものが絨毛(じゅうもう)です。食べたものをここで吸収するのは勿論ですが、血液を作り出すという説(千島学説)もあります。更に、心の所在も脳でなく小腸という説があります。
一方、植物はどうかと言いますと、人や動物の小腸に当たるのが土です。そして、絨毛と同じような役目をするのが根毛です。芽を出す前に根が動き、根毛が働き始めます。もしかしたら、私たち人間の遙か昔(36億年前)の祖先は植物ではないかと考えています。植物自身もいつも感じつつ、考えながら、ダイナミックに動いています。このような視点でものごとを捉えますと、人や動物にとっての水や大気、食物、意識、植物(作物)にとっての土・土壌(水をはじめあらゆる条件)などの環境(響)がいかに大切で重要なことかが解ってくるような気がします。

私たちの体はもとより地球上の生命体は、宇宙の決められたリズムで動いています。呼吸と心臓の鼓動、新陳代謝などは地球環境(響)の中で生きていくためのものです。地球のリズムには太陽と太陽系の惑星や月、更には銀河系のリズムも関わっています。地球上にあまねくゆきわたっていて『地球の子守唄』『地球の脳波』と言われていますシューマン周波数(7.83Hz、14Hz、21Hz、26Hz、33Hz、39Hz)は、根源的なところで地球生命の本質に関わっている可能性があります。かけがえのない悠久の地球とそこに住む私たち人間の真の存在意義を学ぶことが、今求められているのではないでしょうか。