基本放射エネルギーの位置関係

なぜ、ウイルスが人や動物、植物に感染するのか?

以下、推論(私見)です。

ウイルスや病原菌を含めてすべての生物、ウイルス(生物でも無生物でもない摩訶不思議な中間の存在)、無生物はそれぞれ固有のエネルギー(基本放射エネルギー)を発しています。

“基本放射エネルギーの位置関係” の続きを読む

新型コロナウイルスのパワー!!

今回の新型コロナウイルスの災禍を決して良しとするものではありませんが、この極小のモノ(約0.01μm=10nm/生物でもない、無生物でもない摩訶不思議なモノで、人や動物、植物の細胞でしか存在できず遺伝子を持っている)がこの地球環境を浄化し甦生させるほどのパワーを発揮して、世界中の人間の活動を極限にまで抑え込んでしまいました。 “新型コロナウイルスのパワー!!” の続きを読む

新型コロナウイルスへの備え①

あるLOAユーザーの方から、新型コロナウイルスの予防に関する情報をいただきました。感謝

それに対する私からのコメントです。ご参考までにお届けします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

色々とお気遣いいただき、誠にありがとうございます。参考にさせていただきます。多分、ウイルスにはLOAで対応することができます。そのような反応が確認できます。(基本放射エネルギーの低いウイルスや細菌、微生物に対する基本放射エネルギーの貴いLOAの関係と同様の反応です)

 

対応出来ることは予防と軽症化ですね。疫学的調査はできていませんが、環境を調えて免疫力を貴めることができるのがLOAです。

長い間、LOAの自然に学ぶ勉強会を続けてきましたが、重要なテーマのひとつに”なぜ人類はここまで生き延びてきたか?”があります。それは、“天文学的膨大な種類と数のウイルス、カビ、細菌、微生物等との闘いと共生の中で勝ち得た動物としての能力が備わってきたからです。正に天恵の賜物です”最強の武器(能力)は免疫力、自己治癒能力、自己調整能力、自己活性能力など、生まれてくる時に共に生まれてきた私たち個々の主治医(機能、能力)です。感染したとしても、せめて軽症で終わることが大事です。

(重症化した人は最新かつ最高最善の治療を受けるしかありませんが)

 

それをみんな忘れて(元々そのような認識がないか、薄いのかも?!)、殺菌、除菌、滅菌、解熱剤だと血眼になって、おかしい方向に進んでいます他にも、人口の過密化、電磁波汚染、化学物質(農薬、化学肥料、香害、他)汚染、大気汚染、水質汚染などなど不安でストレスフルな生活で免疫力を自ら落としています。

明るい文明社会!果たしてそこには豊かで幸せな人生があるのでしょうか?・・・自然から遠ざかり、都市への人口流入・集中と過密化もストレスを生む大きな要因であり問題です。

 

ご承知のとおり、そこで役に立つのがLOAです、みんなが安心して暮らしていけるために生まれた『安心の種』です。

これでダメなら、運がなかったと諦めるしかないですね。そもそも、今、この時を生きていることが奇跡で幸運なことなのですから。

とりあえず、外出される時は『いいとも』を首から下げて、胸腺の力を最強にしてください。どうぞ、良い一日をお過ごしください(^^♪

 

普通?!の基準

疑問に思うこと、それは約30年前くらいから始まりました。

日本人の3人に1人がガンになり、2人に1人がガンで死ぬ、と言われ始めたことです。このような例は他にもたくさんあります。鬱など原因不明の精神的な病気や脳機能障害、不妊の問題等々。

いつの時代に生まれたか?によってその受け止め方は様々ですが、ガン(病気)になりガン(病気)によって死んでいくことが当たり前のようになっている現代の常識?!のようです。

ここにご紹介する内容もその一つではないでしょうか。2月24日付の信濃毎日新聞で取り上げられた『15歳以下の子どもの発達障害』の記事です。記事の内容は小児科医の診察・診断・診療などのスキルアップについてですが、愕然としたのは発達障害の子どもの多さです。長野県内約30万人の子どもの数に対して、推計3万人(1割前後)が支援を必要としているそうです。ある医療に関わる人のお話しをお聴きする機会がありましたが、その内容はもっと衝撃的なものでした。共通したの環境が影響していると思われますが、3歳児検診が実施された一部の地域の対象幼児の7割~8割の子どもに何らかの障害(発達障害)が確認されたとのことです。このような状況が続くことで、当たり前、普通、一般的、として扱われることになってしまいかねません。

発達障害対応の医師育成(信濃毎日新聞)

問題や課題に対処するための体制(医療制度や法律)や対策(新薬開発など)もとても大事なことですが、どんなに科学や医療技術が発達しても、新薬が発明・開発されても、根本的原因の究明とその原因への対策を的確に講じていくアプローチが無ければ本質的解決に辿り着けないと思われます。

今、私たちが目の当たりにしている問題の本質的原因は『環境』に起因していると思われます。由って、その解決の道しるべも『環境』にあると考えています。改善・解決のキーワードは『いい環境づくり』です。

☆子どもは宝です。
☆子どもは希望です。
☆子どもは未来です。

 

~今まで当然と思っていたことを一度疑ってみることからはじめる~

☆既成概念という囚われからの解放

・・・例えば、多くの病気の真の原因をつくっているのは自分たち人間の仕業(エゴ)であるということや、害虫という虫はいない、悪玉菌(病原菌?)という菌はいない、という事実。

☆思い込みを一度捨てる

・・・例えば、化成肥料がないと作物は育たない、農薬は必要というのは本当か?誰か(科学者、製薬会社、国、自治体、販売者)に刷り込まれた常識かも!?そんな視点で今まで疑ってみたことありますか?

☆平和利用=人の幸福、というパラドックス

・・・原子力発電、農薬、化学肥料は戦争に備えた殺人兵器の副産物。先に動き出したのは、弾薬や毒ガスなど化学兵器であり、原子爆弾です。人を一瞬で殺す目的で作られたのですから、虫は勿論、人間にも良く効く!?

☆健康=病院や医者、薬品、医療技術・・・健康のためなら死んでもいい!?

健康とはいったいどういうことなのか?
先ず、なぜ人びとが病気になるのかということを考えてみては。

☆教育=カリキュラムをどのように教えるか?に終始

カリキュラムそのものはいいのか?学ぶとはいったいどうゆうことなのか?自然の理にかなっているのか?そして、人間的なのか?

すべての問題、課題に対して私たち一人ひとりに責任があります。他人事ではありません。何が真実で何が大事なのか、先ず自分自身で考え、確認、判断しながら行動していきましょう。3~4世代かけて環境破壊してきましたので、これを改善・回復するにはこれから3~4世代かかることを覚悟して、“隗より始めよ”ですね。今始めればまだ間に合います!