環響エネルギーの貴い場ではウイルスや病原菌の活動は抑えられる

ウイルスや病原菌に罹らないためには、次の事例とコメント(推論)を参考にしてください。LOAをご理解いただき、お使いの方だけに通用する話ですが・・・

ある障がい者支援施設での出来事

2000年頃のことですが、長野県内にある在宅生活が困難な「常時介護を必要とする重度身体障がい者介護施設」に、施設全体の場を改善することを目的に、某メーカーの環境改善用の設備が導入されました。LOAと同じようなエネルギー商品ですが、これを電気系統と水道管に装着しました。(このメーカーの放射エネルギーは8~12KÅと市場に出回っているモノの中では効果的で価値の高いものです。因みに、LOAの元付けを水と電気に装着した家や施設内の空間のエネルギーレベルは200KÅ以上となっています)

 

設置後、しばらくした頃に地域の同業者の会合があり、その会合にこの施設の職員さんが参加されました。その時はインフルエンザが流行している時期で、その職員さんはその会合で運悪く罹患されました。その後、施設では(免疫力の低い)入所者の感染を心配され戦々恐々でしたが、他の職員さんはじめ入所者も誰一人感染しませんでした。

 

ここから覗えることは、『環響エネルギーの貴い場ではウイルスや病原菌の活動は抑えられる』ということです。譬えるなら、院内感染を防ぐ陰圧室とは逆の考え方で病院全体の圧を高めて、外からのウイルスや病原菌をすべてシャットアウトするイメージです。

他の解り易い参考になる例として、精密電子部品や半導体の製造工程のように、埃など汚れた空気を気圧で工場の中に入れないようにすることです。それを、環響エネルギーで内外の環境を隔て、ウイルスや病原菌を病院内や屋内に入れない、よしんば入ってきてもその中では増殖しない、蔓延らない場・環境を創ることです。

LOAを家庭や職場、病院、介護施設、スーパー、飲食店の電気、水、土などに使用されている皆様は既にこのような環境の中でお過ごしなのですから心配いりません。外出時はペンダント(いいとも)や携帯電話、スマホ(LOAシール)が守ってくれます。

勿論、普段の食生活の中で、LOA応用栽培や無農薬、減農薬栽培の放射エネルギーの貴い作物、食物、水を摂り、免疫力を貴める心掛けも大事です。更に付け加えますと、いつも明るく、楽しく、元気に、笑いながら人生を送ってください。“笑う門には福来る”です。

つづく

基本放射エネルギーの位置関係

なぜ、ウイルスが人や動物、植物に感染するのか?

以下、推論(私見)です。

ウイルスや病原菌を含めてすべての生物、ウイルス(生物でも無生物でもない摩訶不思議な中間の存在)、無生物はそれぞれ固有のエネルギー(基本放射エネルギー)を発しています。

“基本放射エネルギーの位置関係” の続きを読む

新型コロナウイルスへの備え②

先日のブログ投稿に続き、第2弾として「新型コロナウイルスに備える」を投稿しますので、よろしければご参考になさってください。

ウイルスによる感染症(例:帯状疱疹、耳ヘルペス等)で重症化に陥るのは、罹患したその人の状態次第です。但し、持病のある高齢者の方などは感染症以前にリスクが高いです。

前回も触れましたが、”ストレス”が最も危険です。中でも自分の中で大きく膨らませる精神的負荷の状態がしばらく続くと、常在(すでに自分の体に潜んでいる)ウイルスや病原菌?がこの時とばかりに活動を始めます。身体的に疲労している時に、加えて精神的ストレスがあると免疫力を一気に落とします。中でも、経済的(お金、資金繰り)問題や人間関係上のトラブルは最悪です。

そのような意味からも過度の心配・心労そして恐怖心がウイルスを引きつけてしまうことを肝に銘じておくことが大事です。特別なマイナス(ネガティブ)の意識や行動をとらない限り、生命が危険にさらされることはないはずです。

前回も述べましたが、人間をはじめ今生き延びている動植物はありとあらゆる病原菌、ウイルス、カビ、有毒ガス、紫外線、放射線の中で対処、適応、調和しながらうまく生きてきたのです。今回のウイルス対応策で気になることは、そのような貴重な機会を子どもたちから遠ざけているように思えることです。部屋に閉じ込めず、学校や公園で走り回ることが子どもたちを健全にするのではないでしょうか!?

このブログは『安心の種』ですので、LOAのことを少しお伝えしますが、LOA(環響エネルギー)の環境下では、新型コロナウイルスの動きは止まるようです。微生物の実験において、環響エネルギーを貴める毎に微生物のバランスが変化しました。

そのデータはホームページに載せてありますが、環響エネルギーを貴めるとすぐさま病原菌と有効菌の勢力図(圏)が大きく動き始め、9〈病原菌〉:1〈有効菌〉の割合が10日毎に著しく変化し、60日後にはおおよそ1:9で有効菌が圧倒的に増え、望ましい自然の状態(姿)となりました。そのような情報、パワーがLOAには備わっているようです。

いつも申し上げていますが、LOAの環境にするということは、様々な外敵(放射能、電磁波、化学物質、ウイルス、病原菌など)から自分自身と家族を守れるサンクチュアリ(安全地帯)を創ることになります。

新型コロナウイルスへの備え①

あるLOAユーザーの方から、新型コロナウイルスの予防に関する情報をいただきました。感謝

それに対する私からのコメントです。ご参考までにお届けします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

色々とお気遣いいただき、誠にありがとうございます。参考にさせていただきます。多分、ウイルスにはLOAで対応することができます。そのような反応が確認できます。(基本放射エネルギーの低いウイルスや細菌、微生物に対する基本放射エネルギーの貴いLOAの関係と同様の反応です)

 

対応出来ることは予防と軽症化ですね。疫学的調査はできていませんが、環境を調えて免疫力を貴めることができるのがLOAです。

長い間、LOAの自然に学ぶ勉強会を続けてきましたが、重要なテーマのひとつに”なぜ人類はここまで生き延びてきたか?”があります。それは、“天文学的膨大な種類と数のウイルス、カビ、細菌、微生物等との闘いと共生の中で勝ち得た動物としての能力が備わってきたからです。正に天恵の賜物です”最強の武器(能力)は免疫力、自己治癒能力、自己調整能力、自己活性能力など、生まれてくる時に共に生まれてきた私たち個々の主治医(機能、能力)です。感染したとしても、せめて軽症で終わることが大事です。

(重症化した人は最新かつ最高最善の治療を受けるしかありませんが)

 

それをみんな忘れて(元々そのような認識がないか、薄いのかも?!)、殺菌、除菌、滅菌、解熱剤だと血眼になって、おかしい方向に進んでいます他にも、人口の過密化、電磁波汚染、化学物質(農薬、化学肥料、香害、他)汚染、大気汚染、水質汚染などなど不安でストレスフルな生活で免疫力を自ら落としています。

明るい文明社会!果たしてそこには豊かで幸せな人生があるのでしょうか?・・・自然から遠ざかり、都市への人口流入・集中と過密化もストレスを生む大きな要因であり問題です。

 

ご承知のとおり、そこで役に立つのがLOAです、みんなが安心して暮らしていけるために生まれた『安心の種』です。

これでダメなら、運がなかったと諦めるしかないですね。そもそも、今、この時を生きていることが奇跡で幸運なことなのですから。

とりあえず、外出される時は『いいとも』を首から下げて、胸腺の力を最強にしてください。どうぞ、良い一日をお過ごしください(^^♪

 

天と地の恵みと生命の誕生

生命は地球の海で誕生しました。海水の塩は、地中から噴出したマグマが海に溶け出した地のエネルギーです。そこに太陽や天体からの天のエネルギーが降り注ぎ、天と地の両方のエネルギーが満ちたところに生命が誕生しました。海水がなければ生命は誕生しませんでした。その証に私たちの体の約60%は塩水の体液になっています。輸血の代用として使われるリンゲル液、生理食塩水の安全性はここからも解かります。

この天と地の両方のエネルギーをいっぱい受けているのが植物です。特に樹木は地中深  く根を張って、地からのエネルギーを樹体内に取り入れています。他にも必要な物質や栄  養素も必要に応じて調達し賄える(元素転換)能力を備えています。一方、葉を茂らせて、光のエネルギーをいっばい受け、葉っばが光合成によって酸素を生み出しています。光合成や窒素同化作用など自らエネルギー(ATP) を作り出し、必要なデンプンやアミノ酸の合成を成せる植物ゆえに、数百年~数千年と生きる能力を備えているのでしょう。独立栄蓑生物と謂われる所以はここにあります。

人間は地の中に足を入れていませんが、地のエネルギーの結晶であるお米や野菜を食べることで地のエネルギーを得ています。(他の動物を含めて、従属栄養生物と謂われます) 中でも、約半年間かけて田んぼで作られるお米は天のエネルギーと、地のエネルギーをいっばい受けて育った稲から生まれてきます。日本人はお米に対する想いが強く、昔から神様に(田の神様)祈って、大切に育ててきました。お米は日本人の生命の原点といえます。

〔田の神様くたのかんさぁ>:宮崎県えびの市は田の全域にこの神様を祀っています〕

お米が天と地の恵みをいっぱい受けて育っていることを、昔から日本人はそのお米を戴いてきたことを、そして、エネルギー(生命力)に満ちた人生を送るためにも、宝であり希望であり未来である子どもたちに伝えていかなければなりません。願わくば、玄米食で少食(腹八分)の大切さも!         (にほんよ いくに/葉室頼昭著より 一部引用)

生命があるところには必ず微生物がいる

≪微生物の世界を覗いてみましょう≫

サイズ 

[例]アオカビ   約30μm(30/1000mm)
[例]大腸菌    約 2μm(2/1000mm)
[例]インフルエンザウイルス  約0.01μm(0.01/1000mm)

※大腸菌を親指の周りに1周繋げると約4万個になる。
※細菌をピッチャーマウンドの大きさとすると、
人間は日本の面積の約90%の大きさとなる。

種類と数

・地球上でもっとも数が多く(10の30乗=100穣個)、もっとも広く分布し繁栄している。
・生物種の99%は絶滅しているが、微生物は36億年以上生き残っている。
―骨の化石より判明―
・寿命(世代交代)は平均約20分⇒既に800兆世代に達している。
・地球上の1個1個の微生物を繋げると1億光年となる。
・一握りの肥えた土の中には数十億個の微生物がいる。
→10a(1反)の田畑にいる微生物の重さは約700㎏になる。
・人の皮膚の表面には約1兆個の微生物が棲んでいる。
へその中には平均67種の菌がいる。少ない人で29種、多い人で107種いる。
・人の腸内には500種以上の微生物が500兆個~1000兆個いて、重さにして1~1.5㎏になる。これらが病原菌の侵入を防いだり、免疫力を高めたりしてくれている。
・微生物は数が多いだけでなく多様性に富み、古細菌、細菌、菌類、原生動物、ウイルスと大きく5つの類型に分類される。
⇒数百万~数億種の微生物が推定されている。
(まだよく分っていない)

DNA

・真核生物(菌類と原生生物)には細胞核にDNA(ミトコンドリア)が収められているが、原核生物(細菌と古細菌)にはない。

ウイルス

・生き物のようなことをしているが生きていない。⇒微生物とは言えない!?
ウイルスが生命体(細菌や動植物、人間)を利用しているのは確かである。細菌だけに感染するウイルスもいる。

すべての微生物に共通する点

 それは水が欠かせないこと。

酸素を嫌ったり、一定の温度でしか生きられない、有機物を分解したり、
光のエネルギーを取り込んだりして生きているが、水が欠かせないという
共通点がある。