グローバルナビゲーション
  • トップページ
  • 商品の紹介
  • 利用用途
  • みんなの声
  • 取扱店一覧
  • 会社概要
  • お問い合わせ
商品の紹介

「自然に学ぶ」勉強会

「自然に学ぶ」勉強会

日頃はLOA商品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。
この勉強会は、主にLOA商品をお使いいただいている方を対象にした勉強会です。
LOA商品をご家庭でお使いいただいている皆様、農業や食品加工、医療等々の事業の中に応用されている事業主様、また、LOA商品の普及・販売にご尽力いただいている取扱店の皆様です。

ここで誤解が生じないようにお断りしておきますが、この勉強会はLOA商品を販売するためのものではない、ということです。
環境エネルギー(LOA)はキーワードではありますが、ご承知の通りLOA商品の殆どが一度設置しますとその効力は半永久的で消費期限などはありません。使い方等に関しての若干のハウツウはあるとしましても、“足るを知る”ことも大事です。
依って、LOAを通して繋がった仲間を中心とした勉強会であります。これまでLOAと接してきた中でとてもたくさんのこと、取り分け自然の神秘(叡智・法則)や営み、偉大さに気付かされました。そのような内容を改めて皆さんとご一緒に、真摯に且つ楽しく再確認、再認識し共有していくことで、見え隠れする真理や真実を感じながら、お互いにより良い人生を創ることに生かせたら幸いと存じます。

先ず、この勉強会の目指すものを以下にまとめましたのでご一読ください。

「自然に学ぶ」勉強会開催にあたり(プロローグ)

** 問いに対する答えはすべて自然の中にある **

石で木の実を割って食べるサル、小枝を使って倒木の中の虫を捕る小鳥など、道具を上手に使う動物はいます。然しながら、人間ほどの動物は他には見当たりません。
人類は「神の似姿(半神半人:demigod)としてこの世に現れた」とも謂われていますが、人類史の中で獲得してきた知識や知恵・器用さなどを記憶に留め、多くの道具を使いこなしながら今日の文化や文明を築き上げてきました。
 ご承知の通り、近代から現代の僅かな時間(百数十年)の中で、産業革命以降の工業化と科学技術の目ざましい発達、発展には只々驚くばかりです。今日では、コスモスのこと(宇宙物理学)からミクロコスモスのこと(量子物理学)まで解明が進み、それを私たちの生活に利用するまでになっています。人間の知恵と偉業は賞賛され、正に「万物の霊長」と称されても頷けます。

しかし、それでも人間は自然の中の一物であり、動物の中のひとつであります。そのことを忘れてはならないと思います。この世界で特別な存在かも知れませんが、他の動植物などの生命体同様、人間は人間、自然の尊い営みの中で生まれ、育まれ、生かされている存在であることを顧みることが大事ではないでしょうか。

「自然に学ぶ」勉強会

ところが、そのような英知を受け継ぐ私たち人間ゆえの業として、地球の環境を汚染し傷め続けてきました。このまま進むと「人類滅亡」という引導を自らに渡すことになりそうです。今は勿論ですが、子どもたちの未来(将来世代)のことを考えるとき、これら諸問題に直面していることに誰一人としてこの事実を否定したり責任転嫁する人はいないはずです。私たち一人ひとりが被害者であると同時に加害者なのですから。

限られた時間の中でどれだけのことができるか分かりませんが、自然の中で生かされている人間としての原点に還ることで、僅かでも自然と人のお役に立てるのではないかとの想いで『自然に学ぶ』勉強会を開催することにしました。
これまで、約10年間続けて参りました「LOA環境セミナー」及び「LOA農業塾」を受け継ぐ形で、更に発展させることができたら幸いです。
添付別紙の目的、方法、内容に沿って、新たに船を漕ぎ出して参りたいと思います。

関係各位のご理解とご支援を賜りながらご一緒に学んでいけることを切に願っております。ありがとうございます。

平成28年2月吉祥日
「自然に学ぶ会」
事務局 春口博二

「自然に学ぶ」勉強会の目的等

目的

1.先ず私たち自身がうまく(旨く、上手く、巧く、美味く、甘く)生き切るために
2.少しでも人の役に立つために
3.動物や植物など私たちと共生する生命に負荷(マイナス)をかけないために

目的を達成するための方法としてどのような視点を持ち、実践・行動するか。

1.現状をしっかり認識し、その本質(真実)を捉える。
2.問題や課題(汚染の実態や危険性)をできる限り数値化していく。
3.環境エネルギー(LOA)でできることを知り、使いこなしていく。
4.中でも、農業を通じて環境と健康の原点を理解する。
5.私たちが理解・再認識できたことを一人でも多くの人に伝えていく。
(参加者の経験(体験)、知識、情報、直観(勘・感)力、智慧、叡智を集めて、ホームページ、電子メール、ブログ、DM、シール等を活用して伝えていく)

実践・行動の結果として享受できる恩恵(目的)を、集うみんなで確かめ合う

1.健康が約束され安心できる生活が実感できる。

2.喜び(悦び)と感謝に満ちて、穏やかで和める人生が描ける。

3.持続可能な人間社会へ向けて、『環境(保全)と経済の両立』を発信していく。

自然とは
       〜森羅万象、これみなわが師〜
       宇宙空間に存在する数限りない一切のもの、こと。

(ジネンとも)おのずからそうなっているさま。天然のままで人為の加わらないさま。あるがままのさま。
山川、草木、海など、人類がそこで生まれ、生活してきた場。人類の力を超えた力を示す森羅万象。(広辞苑)

私たち人間を含めて、土、水、空気(風)、光(火)、微生物(ウイルス、バクテリア、カビ、原生動物等)、植物、動物などの存在と現象としてのもの、こと。更に、人やこれら存在するものの意識や想念と人工・人為的に創りだされたものまでを自然の範疇と捉えることもできます。言い換えますと、目に見える物、見えないもの一切が自然という胎の内にあります。諸問題と人間を繋ぎ留めるには(自然破壊などの問題解決には)、人工・人為的なものも“人間という自然の一物が創りだした自然の物である”という認識が必要と考えられます。そこから、共存共栄、共生という意味が出てきます。

『自然に学ぶ』勉強会の運営の方法

〜約束事を守り、ぽゎ〜んと、そして、ゆるりと、みんなで楽しく学びましょう〜

  主会場の内訳・条件 出前講座の概要
勉強会場 主に長野県小諸市内の貸会議室
(こもろプラザ、他)
各地域で選定してください
日程 平成29年3月/5月/7月/9月/11月
※隔月第2土曜日(基本)
※暦や農繁期等を考慮して決めていきます。
※詳細は年間スケジュールでご確認ください。
各地域は要請頂いた日程で調整します。
開催時間 午後13:30〜16:30(基本) 各地域に一任します。
出前講座 企画していただければ、全国各地(北海道、関東、甲信越、東海、関西、九州など)に出向きます。
参加費 小諸会場:1,000円/1人(予定)
※参加費は会場費や資料代、通信費、試食品等に充てます。
各地域の状況に合わせて決めてください。
年会費 徴収しません。 徴収しません。
参加申込み 事前申し込み制とします。
申し込みについて
事前申し込み制とします。
講師 話題、課題、問題提起者を進行役として進めます。もし無ければ、事務局が提起して進行します。(勉強会の中で次回のテーマを決めるようにします)(注1) 同左
事務局 株式会社コンタクト(本部事務局) ※LOA取扱店
※LOA商品ご愛用者で有志の方

(注1)
提起していただくテーマ(話題、課題、問題)は環境や健康、又、それらに関連した内容でしたら何でも構いません。例えば、食、農業、化学物質、電磁波、住宅、自動車、水、子育て(親育て?)などをご提案ください。

毎年1月、3月、11月は「農業」を中心にしたテーマを予定しています。
その理由は、環境エネルギー(LOA)の開発当初より約10年間開催してきました「LOA農業塾」が、諸般の事情に因り昨年度をもちまして閉講となりました。これを受け継ぐ形でこの時期の勉強会のテーマ(予定)にしたいと思います。

「自然に学ぶ」勉強会

平成29年度 年間予定表

月日 時間 勉強会場 テーマ(予定) 申込締切日
3月11日(土) 14:00〜
16:30
ごはんや ハレノヒ
佐久市岩村田2329-1 なんだ館1F
『健康第一』
体のしくみと複合汚染
(電磁波と化学物質汚染)
定員となりました
    3月 申込書と会場のご案内(PDF) ※すでに定員となりました。
5月13日(土)        
7月8日(土)        
9月9日(土)        
11月11日(土)        

※受付時間は13:00〜13:30(厳守)です。
※市民交流センターへのアクセス、駐車場案内は施設WEBサイトをご覧ください。
 > アクセスマップ  > 庁舎案内図   > 駐車場案内図

※ご不明なことや申込書等が必要な方は、遠慮なく事務局へお問い合わせください。
お問い合わせフォーム /FAX:0267-25-2858/電話:090-1070-8201(春口)>

「自然に学ぶ」勉強会

参加申込みについて

「自然に学ぶ」勉強会への参加お申込みは下記の方法にてお申込ください。

(1)ファックスでのお申込み
お申込書(PDF)に必要事項を記入の上、FAX:0267-25-2858までファックスにてお申し込みください。

開催要項&お申込書

(2)メールでのお申込み
お問い合わせフォームに必要事項を記入の上、送信してください。

農業の使命と役割

1.第一番目の生命の基本を生み出す産業です。
2.真の環境技術を研究開発するための基礎となる産業であり、実践の場です。
3.人間、動物、植物の本来持っている健全性を引き出し、支える使命を持っています。
4.自然と共存共生し、自然の力を生かして、現在の自然環境を貴めることです。

自然と共生する農業(PDF)

主テーマ:「新しい農業の胎動」

1.知ってほしい環境エネルギー
2.環境エネルギー性と
   (1)微生物性
   (2)物理性
   (3)科学性
3.有機循環自然農業とその方法(堆肥を含む)

ページの一番上へ

LOA【ライトオブアルケー】の株式会社コンタクト|安心の種