情報断食のススメ

(新型コロナウイルスの影響によって、巷ではマスクをはじめトイレットペーパーやティッシュペーパーまでスーパーやドラッグストアの棚から無くなるという騒ぎが起きています。また、小学生から高校生までの子どもたちが家や学童保育の狭いところに押し込められています。これらのことを危惧したあるLOAのお客様から、この現状をどのように受け止めたらよいか?との質問への一つの答えとして、以下2017年に開催しました「自然に学ぶ勉強会」の資料をご参考までに紹介させていただきます)


断食とは?食物をたつこと。宗教上の慣習として、また祈願・抗議などをする時に、一定の期間食物を食べないこと。(広辞苑)

仏教語の中に、「有漏智(うろち)」と「無漏智(むろち)」という言葉があります。
「有漏智(路)」とは、煩悩をもつ人間の世俗的な智慧。

「無漏智(路)」とは、すべての煩悩を離れた聖人の智慧。

とあります。(注:漏とは仏教で、漏れ出ずるもの、汚れを意味し煩悩のこと)

立ち止まり、一歩引いて私たちの日常を眺めてみますと、(今は新型コロナウイルスのニュースとトーク番組が)朝起きてから床に就くその間際まで、毎日毎日マスメディアの代表であるTVから洪水のごとく流れてくる情報に翻弄されているように見えます。最近では、TVや新聞、雑誌と並んでインターネットから得られる情報も増大しています。とても便利な情報化社会と言えますが、その情報の内容の質(価値)や真実性(信憑性)について考えることは少ないのではないでしょうか?

朝から晩まで他人(ある目的を持った第三者)の創った情報を生活習慣的に受け止め、受け取り、そして右へ、左へ動かされ振り回されているように見えます。毎日何時間TVを観ても、いくらコンピュータを駆使して情報を集めても、人間が感じ受け取れる自然の中の情報に優るものはありません。

“ひとりで生まれ、只ひとり黄泉に赴く”自分にしか歩めない一度しかないこの自分の人生を改めて看(感)得するためにも、『情報断食』をお勧めします。“放てば掌に盈てり”今、大事と思い必要と思い込んでいる情報ソースを一度断ち、捨て、離す(断捨離)ことで、自分が自分らしく生きていくために、本当に価値のある聲(こえ)が聴こえてきて、情報が見えてきて、活かすことができるかもしれません。

人間のなす行為は有漏であり正に「有漏智」でいっぱい。僅かでも「無漏智」に近づいて清々しい日々を過ごせたらと考えます。


観るたび、聞くたびに不安や恐れが自分の中で膨らみ、自己免疫力を落としかねない脳毒にしかなりません。すべてを断つ必要はありませんが、今からでも遅くありませんので直接関わりのない情報から距離を置き、振り回されない自分を保ってみてください。それだけでも、お店の棚からトイレットペーパーやティッシュペーパーが無くなることにはならないと思います。

九州の人達に北海道の状況を、韓国やイタリアをはじめ海外の状況を必要以上に、過度に、日本人に伝える意味はあるのでしょうか?それによって、多くの人々が不安になり恐怖を感じて、自ら免疫力を落とし、経済活動を委縮させるフォース(力)へと変質していきます。

ひとつ付け加えますと、行動を自粛すべきは大人たちであり子どもたちではありません。

LOAのパワーの内容をご存じの皆様には、今の状況を冷静に俯瞰して観ていただきたいと心より願っております。心配ご無用!!

ー大事なものは目に見えにくいものー

(新型コロナウイルスへの対応のヒント)
見えない敵?には、見えない武器?でしか太刀打ちでないーその見えない世界でも、より小さいほうが有利です。例えば、あなたにとって熊とマムシではどちらが怖いですか?

これは自然界においても、現代文明社会においても真理です。なぜか?すべてのものは形のないものからできていて、物質はすべて共通のエレメント(素粒子)で構成されています。現代の科学の発展も小さな電子部品(チップや半導体)がベースです。由って、ミクロになればなるほどその価値も脅威も膨らみ続けます。
小さなものの先には何がありますか?それは、見えないもので、こころ、意識、思い・・・、エネルギーです。新型コロナウイルスに対峙できる根本的な方法はウイルスより小さいものです。

ウイルスの大きさ(約0.01μmm)をゴマ粒としますとゴマ粒の大きさは京都タワーに匹敵する大きさです。ウイルスより小さいもの、それは見えないものでしか対応するしかありません。意識やエネルギーには大きさ(サイズ)はなく、いつでもどこへでも自由に瞬時に移動したり到達することができます。そんな自然の法則を考えてみてはいかがでしょうか。

新型コロナウイルスへの備え②

先日のブログ投稿に続き、第2弾として「新型コロナウイルスに備える」を投稿しますので、よろしければご参考になさってください。

ウイルスによる感染症(例:帯状疱疹、耳ヘルペス等)で重症化に陥るのは、罹患したその人の状態次第です。但し、持病のある高齢者の方などは感染症以前にリスクが高いです。

前回も触れましたが、”ストレス”が最も危険です。中でも自分の中で大きく膨らませる精神的負荷の状態がしばらく続くと、常在(すでに自分の体に潜んでいる)ウイルスや病原菌?がこの時とばかりに活動を始めます。身体的に疲労している時に、加えて精神的ストレスがあると免疫力を一気に落とします。中でも、経済的(お金、資金繰り)問題や人間関係上のトラブルは最悪です。

そのような意味からも過度の心配・心労そして恐怖心がウイルスを引きつけてしまうことを肝に銘じておくことが大事です。特別なマイナス(ネガティブ)の意識や行動をとらない限り、生命が危険にさらされることはないはずです。

前回も述べましたが、人間をはじめ今生き延びている動植物はありとあらゆる病原菌、ウイルス、カビ、有毒ガス、紫外線、放射線の中で対処、適応、調和しながらうまく生きてきたのです。今回のウイルス対応策で気になることは、そのような貴重な機会を子どもたちから遠ざけているように思えることです。部屋に閉じ込めず、学校や公園で走り回ることが子どもたちを健全にするのではないでしょうか!?

このブログは『安心の種』ですので、LOAのことを少しお伝えしますが、LOA(環響エネルギー)の環境下では、新型コロナウイルスの動きは止まるようです。微生物の実験において、環響エネルギーを貴める毎に微生物のバランスが変化しました。

そのデータはホームページに載せてありますが、環響エネルギーを貴めるとすぐさま病原菌と有効菌の勢力図(圏)が大きく動き始め、9〈病原菌〉:1〈有効菌〉の割合が10日毎に著しく変化し、60日後にはおおよそ1:9で有効菌が圧倒的に増え、望ましい自然の状態(姿)となりました。そのような情報、パワーがLOAには備わっているようです。

いつも申し上げていますが、LOAの環境にするということは、様々な外敵(放射能、電磁波、化学物質、ウイルス、病原菌など)から自分自身と家族を守れるサンクチュアリ(安全地帯)を創ることになります。