*人間や動物の腸を裏返すと植物の根と同じようなかたちやはたらき(しくみ)が見えてくる

腸の絨毛と根毛の構造やはたらきもとても似ていることが解ります。腸内細菌と菌根菌の生態は酷似しています。

 人の腸と植物の根のかたち、はたらきは驚くほど似ています。卵子と精子が受精して最初にできる器官は腸であります。植物の発芽の時も先ず根が動き、地下へ伸び始めます。

(人工的影響のない)自然と野生に病気は少ない。常に循環し、ありのままの(健全な)姿を現すだけ

病原菌やウイルスは時として植物や人に襲いかかり?病気になったり、死に至ることもあります。しかしながら、菌やウイルスがいたから病気になるわけではありません。条件(環境悪化や免疫力低下)が揃ったときに菌やウイルスが活性し増殖しているだけなのです。土中にも体内にも常在の病原菌(日和見菌)やウイルスはいます。
見方を変えますと、病気や死という現象や結果は、“その原因は宿主に、或いは地上や地下の土壌にあるよ”というメッセージが発せられているということに他なりません。

その原因の殆どが『環境』にあると考えていいと思います。『環境』と言っても範囲が広すぎますが、人間の場合は食べ物、飲み物、有害化学物質(食品添加物、薬剤、抗生物質)、有害人工電磁波などと生活習慣の内容です。更に突き詰めれば『意識』の在り方まで環響エネルギーと言えます。土壌と植物にとっては肥料(未分解有機物、化成肥料)や農薬、殺菌剤の多用などが考えられます。

“人はなぜ食べるのか?”“なぜ土壌に堆肥を入れるのか?”の真意を真剣に考えなければなりません。有機物(糖質や脂質)は、土壌微生物の餌(栄養)であり、腸内の微生物の餌(栄養)となるものです。有機物が植物の根や腸から直接吸収されることは少なく、小動物や微生物が栄養の取り込みを助けながら病害虫を予防しているのです。圃場には完熟に近い堆肥(炭素を含む素材と畜糞)が必要であり、人間の食生活においては複合糖質(できるだけ精白しない穀類や野菜、果物)をバランスよく摂ることです。化成肥料やサプリメントは土壌や腸内の微生物の餌(栄養)とは言えません。複合糖質を与えられた健全な微生物群集が構成されなければ、持続的に土壌と植物の健康、そして人間の健康を維持していくことはできません。

これらの重要性を伺えるヒントは、自然の山の健全な姿です。自然の循環の中では局所的に病気が発生してもそれが蔓延ることはありません。殺菌剤も農薬もまったく使わずに、です。多種多様な微生物と多くの動植物との共生、循環に支えられているためではないでしょうか。

生命があるところには必ず微生物がいる

≪微生物の世界を覗いてみましょう≫

サイズ 

[例]アオカビ   約30μm(30/1000mm)
[例]大腸菌    約 2μm(2/1000mm)
[例]インフルエンザウイルス  約0.01μm(0.01/1000mm)

※大腸菌を親指の周りに1周繋げると約4万個になる。
※細菌をピッチャーマウンドの大きさとすると、
人間は日本の面積の約90%の大きさとなる。

種類と数

・地球上でもっとも数が多く(10の30乗=100穣個)、もっとも広く分布し繁栄している。
・生物種の99%は絶滅しているが、微生物は36億年以上生き残っている。
―骨の化石より判明―
・寿命(世代交代)は平均約20分⇒既に800兆世代に達している。
・地球上の1個1個の微生物を繋げると1億光年となる。
・一握りの肥えた土の中には数十億個の微生物がいる。
→10a(1反)の田畑にいる微生物の重さは約700㎏になる。
・人の皮膚の表面には約1兆個の微生物が棲んでいる。
へその中には平均67種の菌がいる。少ない人で29種、多い人で107種いる。
・人の腸内には500種以上の微生物が500兆個~1000兆個いて、重さにして1~1.5㎏になる。これらが病原菌の侵入を防いだり、免疫力を高めたりしてくれている。
・微生物は数が多いだけでなく多様性に富み、古細菌、細菌、菌類、原生動物、ウイルスと大きく5つの類型に分類される。
⇒数百万~数億種の微生物が推定されている。
(まだよく分っていない)

DNA

・真核生物(菌類と原生生物)には細胞核にDNA(ミトコンドリア)が収められているが、原核生物(細菌と古細菌)にはない。

ウイルス

・生き物のようなことをしているが生きていない。⇒微生物とは言えない!?
ウイルスが生命体(細菌や動植物、人間)を利用しているのは確かである。細菌だけに感染するウイルスもいる。

すべての微生物に共通する点

 それは水が欠かせないこと。

酸素を嫌ったり、一定の温度でしか生きられない、有機物を分解したり、
光のエネルギーを取り込んだりして生きているが、水が欠かせないという
共通点がある。

お断り(参考文献)

このブログの内容には先人たちの知識や知恵を引用、転載させていただいています。文章によっては古い時期のもの(日記)もあり、著書や著者を特定できないものもあります。明確に特定できる著書や著者は都度表示しています。この点をご理解ご承知の上でご覧いただければ幸いです。

小生が刺激され、感銘を受けた内容や言葉は新聞、雑誌、TV、インターネット、書籍など多岐に亘ります。一部ではありますが以下にその代表的な書籍名を挙げておきます。

【参考及び引用文献】
・植物の神秘生活(ピーター・トムプキンズ+クリストファーバード著)
・土壌の神秘(ピーター・トムプキンズ+クリストファーバード著)
・樹木たちはこう語る(ドロシー・マクレーン著)
・ソマチッドと714Xの真実(稲田芳弘著)
・自然に還る(福岡正信著)
・わら1本の革命(福岡正信著)
・農業講座(ルドルフ・シュタイナー)
・神道に関する各書(葉室頼明著)
・アナスタシア(ウラジーミル・メグレ著)
・よみがえる千島学説(忰山紀一著)
・植物になって人間をながめてみると(緑 ゆうこ著)
・植物は気づいている(クリーヴ・バクスター著)
・木とつきあう智恵(エルヴイン・トーマ著)
・有害重金属が心と体をむしばむーデトックスのすすめー(大森隆史著)
・危ない携帯電話(荻野晃也著)
・スマホ汚染(古庄弘枝著)
・沈黙の春(レイチェル・カーソン著)
・農薬と環境破壊56話(加藤龍夫著)
・これ食べていいの?(マイケル・ポーラン著)
・土と内臓―微生物がつくる世界―デイビット・モントゴメリー+アン・ビクレー著)
・農業聖典(アルバート・ハワード著)
・他多数

 

 

~今まで当然と思っていたことを一度疑ってみることからはじめる~

☆既成概念という囚われからの解放

・・・例えば、多くの病気の真の原因をつくっているのは自分たち人間の仕業(エゴ)であるということや、害虫という虫はいない、悪玉菌(病原菌?)という菌はいない、という事実。

☆思い込みを一度捨てる

・・・例えば、化成肥料がないと作物は育たない、農薬は必要というのは本当か?誰か(科学者、製薬会社、国、自治体、販売者)に刷り込まれた常識かも!?そんな視点で今まで疑ってみたことありますか?

☆平和利用=人の幸福、というパラドックス

・・・原子力発電、農薬、化学肥料は戦争に備えた殺人兵器の副産物。先に動き出したのは、弾薬や毒ガスなど化学兵器であり、原子爆弾です。人を一瞬で殺す目的で作られたのですから、虫は勿論、人間にも良く効く!?

☆健康=病院や医者、薬品、医療技術・・・健康のためなら死んでもいい!?

健康とはいったいどういうことなのか?
先ず、なぜ人びとが病気になるのかということを考えてみては。

☆教育=カリキュラムをどのように教えるか?に終始

カリキュラムそのものはいいのか?学ぶとはいったいどうゆうことなのか?自然の理にかなっているのか?そして、人間的なのか?

すべての問題、課題に対して私たち一人ひとりに責任があります。他人事ではありません。何が真実で何が大事なのか、先ず自分自身で考え、確認、判断しながら行動していきましょう。3~4世代かけて環境破壊してきましたので、これを改善・回復するにはこれから3~4世代かかることを覚悟して、“隗より始めよ”ですね。今始めればまだ間に合います!

何を見て、何を考え、どのように生かすか

私たちは目先のこと、利益のこと、都合の良し悪しのことはよく考えますが、自分たちにとって真の財産、例えば、土のこと、作物のこと、消費者のこと、子孫のこと、さらにこの「かけがえのないふるさとの環境」(社会的共通資本)のことを考えているのでしょうか。

自然のままの山(原生林)には病気も虫による食害も見受けられません。なぜでしょうか?

多様な木々や草、そしてその落ち葉や小枝、倒木、それらを分解するミミズや微生物たち、これらを捕食する小動物や小鳥たち、・・・そこに降り注ぐ光や雨、吹き抜ける風、自然は見事なバランスを保ちつつ、そこに棲むすべてのものにとって最適な環境を作りあげています。木と木の距離(隙間)大木と低木、そして草花たちの草丈の違い、みんなが一緒に生きられる多様性のバランスを絶妙にとりつつ、お互いを生かし合い共存共栄しています。

そこには病気や虫による害(蔓延り)はありません。勿論、農薬も肥料も使っていません。

戦後、松枯れなど山の様子に異変が起きていますが、これも真の原因は環境汚染(酸性雨)や植林など人間の営みに因るものです。余談ですが、松枯れ対策と称して日本全国で長年ず~っと大金(税金)を投じて防除して来ましたが、松が元気になったとか、山が蘇ったという事例はこれまで1件も聞いたことがありません。

ドイツ?フランス?アメリカ?→国やJA?ー製薬会社(農薬)→地方自治体+JA→空中散布企業→保育園や幼稚園、小学校、中学校の子供たちの病気→病院→製薬会社(治療薬)→国・・・わけのわからない(何が原因か解かっていない)連鎖が、負の循環が営々と続く。

環境を良くすることで、土壌が健全性を保ち、微生物はバランスよく生息し働いてくれて、滋味で美味しい作物が採れ、それを食べる動物(家畜やペット)も人も健康となります。人は病気や不安から解放され、経済を含め豊かな人生を全うできると考えています。

体は常に正しくはたらく

人や動植物の病気の真の原因を正確に特定することはできません。由って、現代の科学(医学や薬学)の得意とする対症療法だけで、原因を特定してピンポイントで治癒する、或いは予防することは甚だ難しいことです。一時的に抑え、散らし、眠らせるに過ぎないことをもっと知らなければなりません。“自然界には4百4病あるが、薬を使うほどのことはない”と言われた先人がおられましたが、正にその通りかと思われます。

人も動植物も薬等に頼らず病気を治癒する、予防できる共通の要件があるとすれば、それは「環境(場)に依る」ということではないでしょうか。環境には、物理的な側面と精神的側面があり、また、体外的側面と体内的側面があります。植物・作物は土壌の健全性や四囲のあらゆる条件や作用によるところが大きく、動物や人間はその植物・作物に依存して生きています。『食という環境』の保全と更に意識(心)のあり方などによって私たち自身の健康と健全性を維持していかなければなりません。

―不健康な土壌からとれた食物を食べている限り、魂は自らを肉体の牢獄から解放するためのスタミナを欠いたままだろう―(ルドルフ・シュタイナー)

素直とか謙虚ということと、鵜呑みにすることは全く別物です。日々ありとあらゆる情報がTVやインターネット・新聞・雑誌などから流れ出ています。それによって私たちはいかに危険(リスキー)な状況におかれているかを理解するためには、自ら確かめ、感じて、考えて、真実を判(解)ることです。

“今日はどんなものを食べ、何を飲みましたか!?”

病気になり、薬(毒)を使う原因(環境)は自分自身で創っています。