一体、私たちは何を食べているのでしょうか?

唐突ですが、現代の私たちは一体何を食べて生きているのでしょうか?

 

米、野菜、果物、牛肉、豚肉、鶏肉、魚、そしてこれらの加工食品や飲料です。

でも本当は何なのでしょうか?何を食べているのでしょうか?

 

なぜこのようなことを申し上げるのか、と言いますと、私は団塊の世代ですが、私たちの幼い頃(昭和20年代~40年代)には少なかった(聞かなかった)病気、例えば、ガン、心臓病、糖尿病、認知症、うつ病、自閉症、ダウン症、アトピー、アレルギーなど数え切れない程の病気が今蔓延しています。そして、その現象や問題点は長寿命化したことによる数の多さのことではなく、幼い子どもたちや壮年に広がっているということです。長寿国家の立役者は明治、大正、昭和初期生まれの粗食で育った頑丈な人たちなのですから。

医師の数も、病院も増え、高度の医療技術が発達しています。新薬も次々に開発されています。それに比例して?病気は年々増え続け、医療費は国家予算の約半分(約40兆円)に膨らんでいます。一体どうなっているのでしょうか?その本質的な原因は何でしょうか?昔は殆ど無かったものが、なぜ今、現代に蔓延っているのでしょうか?

 

大気汚染、薬害、電磁波問題など病気の遠因・原因と思われるものはたくさんあります。由って、病気の原因を絞れるわけではありませんが、原因の大きな一つに「食品」が挙げられると思います。この「食品」は実は農薬と化成肥料で育てられた米、野菜、果物という化学合成物であり、薬品まみれの輸入の飼料を食べさせ、ホルモン剤等を投与された牛、豚、鶏の肉という化学合成物、何を与えているのか分からない養殖の魚介類、作物や畜産・魚介類の加工食品は日持ちや見た目を良くした添加物だらけの化学合成品、飲料は砂糖と着色料で果物などに似せた本物まがいのものばかりと言っても過言ではありません。

 

光であり、エネルギーであり、生命力そのものでなければならない作物や肉、魚でなければ私たちは健全性(ホメオスタシス)を保つことができません。現在、私たちは米、野菜、果物、肉や魚はその形をした化学合成品を常食しています。これで、健全で活力に満ちた命を全うすることは難しいと思われます。健康を約束できる農業という一次産業を再構築していかなければなりません。一時産業であってはなりません。